案外、多い感光性乳剤塗りの失敗
製版作業で、よくトラブルについてご質問を承ります。ご質問のうち、ほとんどの原因は感光性乳剤の塗り方です。
ご質問をお聞きすると、光源は問題なし、露光時間も適切、水洗もOK、すべて非の打ち所がないのにきれいに製版ができない、とのことです。
お聞きした状況では何の問題もありません。でもきれいに製版ができないと仰せになられます。
その失敗した原因を探るために、その失敗品をお送りいただいて拝見すると、厚塗り、ムラがあることがよくあります。

スクリーンの張り方がゆるい

その原因の多くははスクリーンが強くピンと張られていません。
張った(つもりの)スクリーンを爪ではじくとにぶい音がします。
でも、その方はピンと強く張られているというご認識です。枠にゆるく張られた版ではきれいに乳剤が塗れません。
弊社では枠にスクリーンを張った商品も用意しています。
一回 だけでもいいですから、ご参考までにそれをお求めいただいて、お確かめ下さい。


張り

枠にスクリーンの張る二種類の方法
感光性乳剤「セリック」をスクリーンに塗るための道具として、このページでは2つの道具を紹介しています。
バケット、、こちらを使うとほとんど失敗なく塗れます。でもお値段が張ります。それに版の大きさによって相応するサイズのものが必要です。いろいろな大きさの版に相応するバケットを用意するのは大変な金額になります。
ブレード、、これは弊社の考案によるものです。いまのところ、業界では販売されていません。
これならどんな大きさの版にも対応します。でも、バケット塗りのようにいっぱつで塗ることができません。
説明をご覧いただいて、何回も丹念にかき取ってください。

バケットによる乳剤の塗り方


バケットに乳剤を三分の一ほど入れます。
版の裏面を手前に向け、約70度の角度で適当なところに立てかけます。立てかけた版が動かないように、傾きを保持できるように、つっぱりを工夫して下さい。
立てかけた版のスクリーン下端にバケットの刃先をしっかりくっつけて下さい。バケットを傾け、乳剤を版面に流すようにして、そのまま上に移動します。バケットを押し当てる力とスピードを一定に保って下さい。
版面の上まで来たら、傾けたバケットを水平に戻し、乳剤をバケットですくい取るようにしてスクリーンから離します。
これで一回塗れました。版の天地をひっくり返してもう一度、同じように塗って下さい。
暗いところでヘヤードライヤーまたは扇風機で風を送って乾かします。
これで乳剤塗りの一工程とします。
引き続いて、二工程目です。
先ほどと同じように、版の外側を二回塗ります。
そして、最後に版の内側を一回、塗って下さい。それで、また乾かして版の乳剤塗りは終わりです。

バケット(みのグループ製)価格表 税込

長さ(cm)

単価(税込)

お買上バナー

長さ(cm)

単価(税込)

お買上バナー

3

5,200 円

30

6,100 円

6

4,500 円

35

7,200 円

10

4,700 円

40

8,000 円

15

5,000 円

45

8,500 円

16

5,000 円

50

9,100 円

20

5,200 円

55

9,900 円

26

5,700 円

60

10,400 円

室内の比較的、暗いところ(真っ暗なところでなくてもけっこうです。
セリックをスクリーンの端に細長く流してください。
ブレードの刃先でかきとるように塗り広げます。
スクリーン面に塗り広げるときは、ブレードを進む方にかたむけます。全面にセリックが塗れたら、光に透かして見て下さい。むらがありますね。
そのむらをなくしましょう。スクリーン版をしっかり手で支えて立てかけて下さい。今度はブレードの刃先を進行方向と逆に傾けて下さい。厚くなったセリックをすくうようにして、かき取ります。
ブレードについたセリックを絶えず拭き取るのが、きれいに塗るコツです。


サイズ
W16×H11cm

¥1,200



サイトのご案内

製版

プリント

展開

動画セミナー

コミニュケーション


シルクスクリーン


シルクスクリーン


シルクスクリーン

クリーン


シルクスクリーン


シルクスクリーン








シルクスクリーン


シルクスクリーン


シルクスクリーン


シルクスクリーン


シルクスクリーン


シルクスクリーン






























シルクスクリーン
























今、ご覧のページは「製版」の です。


弊社へのご来訪
商品をご覧になるため、また、弊社の担当者とお話する目的で、アポなしで来られる方がいらっしゃいます。
通常は担当者は会社にいません。
事前に、必ずご連絡下さいますようお願い申し上げます。

メールフォーム
メール(3@sankyoh.com

有限会社 三協転写(さんきょうてんしゃ)

〒660-0062
兵庫県尼崎市浜田町3丁目11番地

このホームページのすべての内容に関して、
無断転載を固くお断りいたします。