シルクスクリーン

シルクスクリーン

シルクスクリーン

シルクスクリーン
シルクスクリーン

スクリーン印刷

スクリーン印刷

シルクス

シルクスクリーン

スクリーン印刷

シルクスクリーン

スクリーン印刷

シルクスクリーン

シルクスクリーン

シルクスクリーン


スクリーン印刷

スクリーン印刷

スクリーン印刷

シルクスクリーン

スクリーン印刷

スクリーン印刷

スクリーン印刷

シルクスクリーン

シルクスクリーン

シルクスクリーン

シルクスクリーン
スクリーン印刷,







シルクスクリーン

シルクスクリーン

シルクスクリーン

シルクスクリーン
シルクスクリーン

スクリーン印刷

スクリーン印刷

シルクス

シルクスクリーン

スクリーン印刷

シルクスクリーン

スクリーン印刷

シルクスクリーン

シルクスクリーン

シルクスクリーン


スクリーン印刷

スクリーン印刷

スクリーン印刷

シルクスクリーン

スクリーン印刷

スクリーン印刷

スクリーン印刷

シルクスクリーン

シルクスクリーン

シルクスクリーン

シルクスクリーン
スクリーン印刷,
スクリーン印刷,







シルクスクリーン

シルクスクリーン

シルクスクリーン

シルクスクリーン
シルクスクリーン

スクリーン印刷

スクリーン印刷

シルクス

シルクスクリーン

スクリーン印刷

シルクスクリーン

スクリーン印刷

シルクスクリーン

シルクスクリーン

シルクスクリーン


スクリーン印刷

スクリーン印刷

スクリーン印刷

シルクスクリーン

スクリーン印刷

スクリーン印刷

スクリーン印刷

シルクスクリーン

シルクスクリーン

シルクスクリーン

シルクスクリーン
スクリーン印刷,

自分で作るTシャツのデザイン,スクリーン印刷とはシルクスクリーンのことで,プラスチック,布,金属などに印刷,ができます。自作,マーク,イラストのプリント,作り方,制作,シルクスクリーンはグッズ,スクリーン印刷,オリジナルデザイン,Tシャツへプリント,シルクスクリーンとは,スクリーン印刷,のことで,Tシャツへのプリント,が大きい用途。シルクスクリーンとは,スクリーン印刷,のことで,Tシャツへのプリント,が大きい用途。Tシャツへプリント,自作Tシャツ,Tシャツへ印刷,グラデーション,製版,乳剤,感光性乳剤,製版フィルム,自分で作る,趣味,Tシャツデザイン,DIYのTシャツ、お手製のTシャツ、Tシャツの作り方,だれでもできるTシャツ, Tシャツ作る,Tシャツへプリントシルクスクリーンとは,スクリーン印刷,のことで,Tシャツへのプリント,が大きい用途。シルクスクリーンとは,スクリーン印刷,のことで,Tシャツへのプリント,が大きい用途。シルクスクリーンとは,スクリーン印刷,のことで,Tシャツへのプリント,が大きい用途。シルクスクリーンとは,スクリーン印刷,のことで,Tシャツへのプリント,が大きい用途。スクリーン印刷,製版,版作り,シルクスクリーン キット,silkscreen,感光性乳剤,焼き付け,プリント,セミナー,手作り,方法,やり方,
自分で作るTシャツのデザイン,スクリーン印刷とはシルクスクリーンのことで,プラスチック,布,金属などに印刷,ができます。自作,マーク,イラストのプリント,作り方,制作,シルクスクリーンはグッズ,スクリーン印刷,オリジナルデザイン,Tシャツへプリント,シルクスクリーンとは,スクリーン印刷,のことで,Tシャツへのプリント,が大きい用途。シルクスクリーンとは,スクリーン印刷,のことで,Tシャツへのプリント,が大きい用途。Tシャツへプリント,自作Tシャツ,Tシャツへ印刷,グラデーション,製版,乳剤,感光性乳剤,製版フィルム,自分で作る,趣味,Tシャツデザイン,DIYのTシャツ、お手製のTシャツ、Tシャツの作り方,だれでもできるTシャツ, Tシャツ作る,Tシャツへプリントシルクスクリーンとは,スクリーン印刷,のことで,Tシャツへのプリント,が大きい用途。シルクスクリーンとは,スクリーン印刷,のことで,Tシャツへのプリント,が大きい用途。シルクスクリーンとは,スクリーン印刷,のことで,Tシャツへのプリント,が大きい用途。シルクスクリーンとは,スクリーン印刷,のことで,Tシャツへのプリント,が大きい用途。スクリーン印刷,製版,版作り,シルクスクリーン キット,silkscreen,感光性乳剤,焼き付け,プリント,セミナー,手作り,方法,やり方,


ここでの説明はビギナーを対象にしています。またできるだけ費用をかけないよう配慮しています。
技術が進むに従って、専用の資材や設備を整えて下さい。



シルクスクリーン全般に対して
s シルクスクリーンとは何ですか。
s スクリーン印刷,シルクスクリーン
印刷にはいろいろ方法があります。そのうちのひとつです。
印刷の工程を説明します。
● 版にインキをつける
● つけたインキを印刷する物に版をあててインキを塗る。
● 印刷物から版を離す。
● その工程を次から次へと送っていく。
版とは印刷する図柄を彫り込んだものです。
印鑑を見ると印肉がつく部分が凸になっています。こういう形の版の印刷を凸版(とっぱん)印刷といいます。
ほかにも凹版(おうはん)印刷、平版(へいはん)印刷などがあります。
シルクスクリーンの版はインキが通過できる穴になっています。穴は孔とも書きます。それでシルクスクリーンは孔版(こうはん)印刷の部類になります。
次の図を見てイメージして下さい。これがシルクスクリーンの原理です。

s シルクスクリーン,スクリーン印刷,Tシャツ,資材,作り方
ここではおおまかな絵柄ですが、シルクスクリーンでは新聞紙の記事の文字ほどのこまかい図柄ができます。
私たちの身の回りにはシルクスクリーンの作品がいっぱいあります。
今、使っておられるパソコンはどこのメーカーの製品ですか。製品のロゴを見て下さい。それを表示した印刷がシルクスクリーンです。(キーの文字はパット印刷という他の方法です)
ちょっといっぷく、コーヒータイム。マグカップにアニメのキャラクター。これもシルクスクリーンとは驚きです。
忘れないうちにメモしましょう。手にとったボールペンにもシルクスクリーンで刷ったプレゼンターのロゴ。
印刷物は本やチラシ広告など紙製品というのが一般の常識ですが、シルクスクリーンは紙以外の物への印刷が特徴です。(紙にもできます)
ここでは印刷といわずにプリントということにします。(日本語と英語の違いだけですが、一般的な印刷と離れていますので、一般社会でもシルクスクリーンの作業をプリントと言っています)
このサイトではTシャツへのプリントに限ってお話します。
スクリーン印刷,シルクスクリーン

自分で作るシルクスクリーンのTシャツ
s シルクスクリーンとスクリーン印刷はどう違うのですか。
s スクリーン印刷,シルクスクリーン
同じものです。
昔は「シルクスクリーン」「グランド印刷」「カッパ印刷」「プロセス印刷」などと呼び名がたくさんありました。
昭和四十年ごろ、この業界の組合ができました。この際、名前を統一しょうということで、あれこれ議論して、最後に残ったのが「シルクスクリーン」と「スクリーン印刷」
そのころからスクリーンの材質が絹に変わってポリエステルなど化学繊維が主流になってきました。スクリーンは絹(シルク)ばかりではないということで「シルクスクリーン」は却下。「スクリーン印刷」に決まりました。
名称を素材にこだわったのです。
当時は どの産業にも新素材が台頭してきました。鉄道のレールに並べられた枕木はコンクリートになり、竹とんぼはプラスチック。木馬や竹馬は金属になりました。でもそれらの業界では材質が変わっても名称までは変えませんでした。昔からの言い習わしを大切にしたのです。
学校の教科書ではシルクスクリーンです。ネットのWikipedia に「スクリーン印刷」はありません。
ふたつの名称が混在していますが、学校の授業や版画界、一般の社会ではシルクスクリーン(その職業は通称「シルク屋」)、業界の組合の推奨では、スクリーン印刷と言うとご理解下さい。
いずれにしましても、使用する資材や方法は同じです。
スクリーン印刷,シルクスクリーン

自分で作るシルクスクリーンのTシャツ
Sシルクスクリーンを始めるにはどんな資材がいりますか。また、その費用は?
シルクスクリーン,スクリーン印刷,Tシャツ,資材,作り方

スキージ
s
  • 版(作り方によって必要なものが違います。弊社のサイトをすべてご覧下さい。この記事の左にリンクバナーがあります)
  • インキ(Tシャツには水性インキが扱いやすいです。これも弊社のサイトをご覧下さい)
  • スキージ(インキを版の布目の穴からTシャツに塗りつける役割をします)
  • インキ練り板、ほとんどの人は使っていませんが、インキをいったん、この上に置いて練りあわせたり、色を混ぜ合わせたりするのに便利です。弊社ではステンレスの1m厚、450×450mmを加工してもらって使っています。
    この板にインキを置いてスキージでインキをすくい取るようにしています。
  • へら(インキを容器から出したり、版の上に置いたりするため)
s このほか、プリントをしたTシャツを乾かす方法。版の上のインキが乾かないうちに、次々とプリントができる装置、これらも必要です。
費用は‥となりますと、あなたがTシャツのプリントをされる目的によります。
一時的なためし(できた、できたという程度)ならベニヤ板の枠でもできます。そのキットで¥1000〜2000です。(その取扱業者のHPをご覧下さい)
「Tシャツくん」という商品もあります。キットの価格¥15000(ジュニア)〜あります。(その取扱業者のHPをご覧下さい)
それらのお手軽な方法ではなく、本格的なシルクスクリーンの勉強のスタートとしましては
製版(弊社で代行¥7000〜、ご自分で作れば¥15000)、スキージ(¥3200)、インキ(¥1000)他諸経費(¥5000)、以上トータル¥20000〜35000。 これは最少に抑えています。ですから写真製版の装置のレベルアップ、刷り台や下じきなどは後々、揃える(または自作)ということにしています。
スクリーン印刷,シルクスクリーン

自分で作るシルクスクリーンのTシャツ
s シルクスクリーンを始めるときの注意を教えて下さい。
s スクリーン印刷,シルクスクリーン
太陽精機株式会社さんの「Tシャツくん」というのがあります。
それで始められる方がたくさんいらっしゃいます。それもひとつの方法です。
Tシャツくんで制作していたが、オリジナルTシャツの販売に進みたいのだけれど、Tシャツくんではもの足りない、本格的なシルクスクリーン枠でプロをめざしたい、と弊社に来られる方もおられます。Tシャツくんでシルクスクリーンのテクニックを学んだからこその発展でしょう。
そんな方にいつも申し上げるのはデザインのからむ仕事ですからパソコンのAdobe Illustratorというソフトをマスターするようお勧めしています。
プロとなると製版は写真製版に限ります。製版もデザインも業界はAdobe Illustratorを介してのおつき合いになります。
Adobe Illustratorワークを外注していたら、うち合わせに手間取って作業が停滞します。費用もかかります。
スクリーン印刷,シルクスクリーン


シルク

製版関連に対して

自分で作るシルクスクリーンのTシャツ
s 製版フィルムとポジフィルムはどんな違いがありますか。
s スクリーン印刷,シルクスクリーン
同じものです。
写真製版(感光製版ともいう)は版に感光性(光があたれば変化する)の薬剤を塗って作ります。
そのとき、光を通すところと、通さないところを分けるために、紙やプラスチックのフィルムに濃い絵の具やインキで図柄を描いたり、プリントしたりして作ります。
プリントする図柄の部分をインキなどを塗って、光をさえぎったものをポジ。
画線部分を透明にして他の部分を光をさえぎったものをネガといいます。
シルクスクリーンではポジが必要です。
目的でいうなら製版フィルム、状態でいうならポジフィルムというところでしょうか。
シルクスクリーン,スクリーン印刷,Tシャツ,資材,作り方

自分で作るシルクスクリーンのTシャツ
s 写真製版以外に版を作る方法はありますか。
s スクリーン印刷,シルクスクリーン
あります。
版に図柄の画線を切り抜いたフィルムや紙を貼り付けるマスキング製版。これは学校の授業で行われています。
あと、感光性のない薬剤を版面の画線以外の部分に塗って網目をつめる方法、これは「よけ塗り」と呼ばれ、写真製版もマスキング製版もなかったころの方法で今はあまり使われていません。
結局、現在ではTシャツへのプリントは写真製版がベストで、それが主流になります。
シルクスクリーン,スクリーン印刷,Tシャツ,資材,作り方

自分で作るシルクスクリーンのTシャツ
s 木枠とアルミ、どちらがいいでしょうか。
s

スクリーン印刷,シルクスクリーン
江戸時代からシルクスクリーンは友禅染として日本が発祥国です。そのころはすべて木枠でした。
それが世界に伝わり、今日の写真製版によるシルクスクリーン技法に発展しました。
1960年ごろプラスチックが台頭、その印刷法としてシルクスクリーンが注目されました。
更に1970年ごろにはプリント配線として電機業界にシルクスクリーンが取り入れられ、ICチップなどにも欠かせない技法としてその発展に寄与しました。
プラスチックの印刷や電子産業では、それなりにシルクスクリーンの精度が問われます。
1mmの何分の一の誤差が不良品になります。そうなると木枠の狂いが大きな欠陥になります。
狂わない枠ということで、アルミが使われました。そのうち電子業界で、木枠は無くなってゆきました。
でも、友禅染には今でも木枠が泰然と残っています。
木枠とアルミ、どちらがいいかということになりますが、プラスチック印刷や電子部品で使われるシルクスクリーン枠は絶対アルミです。
Tシャツのプリントでは1〜2mmほどのデザインの誤差はさほど問題になりません。また枠を何回も張り直したのでは、そのたびに枠の引き取りに運賃がかさみます。ですからTシャツプリントには木枠がおすすめです。
一般の方で、木枠なら適当に切って燃えるゴミとして対処できますが、アルミ枠ではその処理に難渋します。

木枠の長所は
安い
スクリーンの接着がしやすい
納期が早い
枠に部品をつける時、木ねじでつけられる(アルミはドリルで穴をあけてボルトのネジを切らなければいけません)

シルクスクリーン,スクリーン印刷,Tシャツ,資材,作り方


自分で作るシルクスクリーンのTシャツ
s ポジフィルムの作り方を教えて下さい。
s スクリーン印刷,シルクスクリーン
一番簡単な方法は手描きです。透明のフィルム(0.2mm厚程度)に濃くて黒い絵の具で描くことです。透明ポリエステルフィルムは弊社のネットショップで売っています。絵の具はオペークえのぐという手描き用の絵の具があります。また、オペークペンと言って、フエルトペン仕様の商品もあります。こちらは呉竹ペンという会社が製造発売しています。ネットまたは画材店でお尋ね下さい。
別の方法としてOHPフィルムにパソコンのプリンターで出力するという手もあります。プリンターによってはOHPフィルムに対応していないものもあります。
OHPフィルムはインクジェット用に限らず、レーザー用、モノクロコピー用もあります。それぞれに長所と短所があり、ネット上でも豊富に経験談がありますので参考にされることをおすすめします。
OHPのフィルムで作ったものは遮光濃度が充分ではありません。充分な濃度は1枚のフィルムでは得られません。同じ図柄で2枚作り、それを重ねると製版時の焼き付けの失敗が少なくなります。
ベストな製版フィルムはその目的で製造されたフィルムを使うことです。ピクトリコという会社から「スクリーン製版用フィルム」が出ています。これを扱うにははAdobe Illustratorのデータで画像を作り、それに対応するプリンターが必要です。
弊社では画像をAdobe Illustratorで代行製作の上、製版フィルムの製作をしています。
最後におすすめの制作方法をご紹介いたします。
黒いカッティングステッカーを透明ポリエステルフィルムに貼るだけです。これを乳剤を塗ったスクリーンに貼り付けます。スクリーンの反対側に黒い粘着シートを貼ります。この方法でしたら、製版機を使わずに太陽の光で、簡単なだけでなく、失敗することなくできます。申し遅れていました。焼き付けの適切なタイムを計るのは露光センサーでわかります。これでしたら露光機がいらないので、大きな版も制限なくできます。「革命的な製版フィルム」をご覧ください。
シルクスクリーン,スクリーン印刷,Tシャツ,資材,作り方

シルク

インキと刷り方に対して

自分で作るシルクスクリーンのTシャツ
s インキの種類について教えて下さい。
s スクリーン印刷,シルクスクリーン
大きく分類して、水に溶ける水性(すいせい)とシンナーで溶ける油性(ゆせい)があります。
昔は油性インキしかありませんでした。使いやすさで今は水性インキが主流です。このサイトでは油性のことは考えないことにしましょう。
水に溶けるとはいえ、いったん乾けば洗濯しても色落ちしません。水を使うのはインキをやわらかくしたり、作業の後始末で版や道具を水で洗ったりします。
水性、油性の違いとは別に“生地にしみ込むインキ”と“しみ込まないインキ”の別があります。
画用紙に絵の具で風景画を描くとき、白い画用紙では色がスッキリ表現できますが、黒い色画用紙には絵の具がしみ込んできれいな色がでません。そんな時はポスターカラーを使いますね。
Tシャツのインキでも同じことが言えます。インキには“淡い色の生地用”と”濃い色の生地用”のインキがあります。
“淡い色の生地用”でのプリントは生地と同じ材質感ですが“濃い色の生地用”インキはほんの少しボリューム感があります。それはしみ込まないようにするために白っぽい防浸剤を混ぜてあるからです。
プリントして5、6日そのままにしておくと洗濯しても色落ちしなくなります。なお念入りに色落ちを防ぐには乾いたあと、あて布をして、その上からアイロン(生地に対しての最高温度で20秒間)熱するといっそう耐洗濯性が増します。
シルクスクリーン,スクリーン印刷,Tシャツ,資材,作り方


自分で作るシルクスクリーンのTシャツ
s プリント作業での注意点を教えて下さい。
s

スクリーン印刷,シルクスクリーン
プリントの作業中、版の画線に残ったインキは乾きやすいです。
乾かないうちに、Tシャツを刷り台の定位置に置く、版をTシャツにあてる、インキをつけたスキージでこする、版を離す、Tシャツを乾かす位置に移動する。この一連の作業を手早くするのがコツです。
二、三枚までなら一人でもできますが、枚数が多くなると一人での作業はまず無理かと思います。だれかに助けてもらって、能率よくできるよう考えて協力して下さい。

インキが生地にしみ込んでTシャツの裏をよごすおそれがあります。あらかじめTシャツに下じきを入れておきます。下じきは厚紙かベニヤ板をご用意下さい。プリント位置を見計らってプリント面に下じきの段差ができないように気をつけて下さい。

プリント作業を休むときや版の画線にインキが目詰まりしたら、版の上のインキを図柄以外のところへ置き(タッパーに入れてもよい)版面を水をつけたスポンジか布きれで拭きます。目詰まりしたところは念入りに拭いて下さい。あまり力を入れてゴシゴシ拭くと版がいたみます。乾いた布で力強く拭くのは特にタブーです.。乾いた布は水分を吸い取るときだけにして下さい。

画線でないところに穴があいたら、裏からセロハンテープを貼って修理します。画線の近くでセロハンテープを貼るのが難しい場合は残念ながら、その版はオシャカです。作り直すしかありません。それでも熟練した人なら製版の乳剤を筆で塗って補修しています。
シルクスクリーン,スクリーン印刷,Tシャツ,資材,作り方


自分で作るシルクスクリーンのTシャツ
s 刷り終わったら、インキはどうしましょうか。
s スクリーン印刷,シルクスクリーン
版の上のインキはタッパーに入れて下さい。きちんとフタを締めておけば一年は保存できます。
版とスキージのインキはすみずみまで水で洗ったあと、乾いた布で拭きます。
ほかの所へついたインキは乾かないうちに水洗いして早く落として下さい。
シルクスクリーン,スクリーン印刷,Tシャツ,資材,作り方
シャツ,スクリーン印刷
このホームページのすべての内容に関して、無断転載を固くお断りいたします。
有限会社 三協転写(さんきょうてんしゃ)
〒660-0062 兵庫県尼崎市浜田町3丁目11番地  電話06-6416-7406  FAX 06-6419-5804
自分で作るTシャツのデザイン,スクリーン印刷とはシルクスクリーンのことで,プラスチック,布,金属などに印刷,ができます。自作,マーク,イラストのプリント,作り方,制作,シルクスクリーンはグッズ,スクリーン印刷,オリジナルデザイン,Tシャツへプリント,シルクスクリーンとは,スクリーン印刷,のことで,Tシャツへのプリント,が大きい用途。シルクスクリーンとは,スクリーン印刷,のことで,Tシャツへのプリント,が大きい用途。Tシャツへプリント,自作Tシャツ,Tシャツへ印刷,グラデーション,製版,乳剤,感光性乳剤,製版フィルム,自分で作る,趣味,Tシャツデザイン,DIYのTシャツ、お手製のTシャツ、Tシャツの作り方,だれでもできるTシャツ, Tシャツ作る,Tシャツへプリントシルクスクリーンとは,スクリーン印刷,のことで,Tシャツへのプリント,が大きい用途。シルクスクリーンとは,スクリーン印刷,のことで,Tシャツへのプリント,が大きい用途。シルクスクリーンとは,スクリーン印刷,のことで,Tシャツへのプリント,が大きい用途。シルクスクリーンとは,スクリーン印刷,のことで,Tシャツへのプリント,が大きい用途。スクリーン印刷,製版,版作り,シルクスクリーン キット,silkscreen,感光性乳剤,焼き付け,プリント,セミナー,手作り,方法,やり方,